Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリン第33戦in松戸  2日目:3月20日レポート

2013/03/20

 

 ガールズケイリン第33戦は20日に松戸競輪場で2日目が開催され、初日に引き続きカーリー・マカラク選手と加瀬加奈子選手が連勝で決勝戦へと勝ち上がりました。決勝戦では注目の初対決が実現。ワールドカップではマカラク選手に軍配が上がっていますが、加瀬選手にも開催国としての意地があるはず。もちろん、他の5選手も虎視眈々と優勝を狙っており、白熱した好勝負が繰り広げられることでしょう。
 なお、最終日の発走予定時刻は5レースのガールズ一般が17時00分、9レースのガールズ決勝が18時52分となっていますので、お間違えのない様、ご注意下さい。
 
 
【レースダイジェスト】
◆6レース(ガールズ予選2)
 誘導以下、カーリー・マカラク、藍野美穂、篠崎新純、三輪梓乃、尾上明子、渡辺ゆかり、田畑茉利名の並びで周回を重ねる。打鐘まで一本棒のまま隊列が動かず、打鐘過ぎ4コーナーで前受けのマカラクがそのまま先行態勢に入ると、最終1コーナーで追い上げた篠崎が藍野に変わってマカラク後位に入り、篠崎に乗った三輪が3番手に続く。後方から捲ってきた渡辺も4番手に入るが、後続の猛追を振り切ったマカラクがそのまま逃げ切って1着。2着に篠崎、3着に三輪となった。
 
スタート
20130320_6R_strat.jpg
 
周回
20130320_6R_shukai.jpg
 
赤板(残り2周)
20130320_6R_akaban.jpg
 
打鐘
20130320_6R_jan.jpg
 
最終ホーム(残り1周)
20130320_6R_saishuH.jpg
 
最終バック
20130320_6R_saishuB.jpg
 
ゴール
20130320_6R_goal.jpg
 
6レース勝者 カーリーマカラク選手
20130320_6R_shousha.jpg
 
◆7レース(ガールズ予選2)
 誘導以下、荒牧聖未、加瀬加奈子、ペイジ・パターソン、伊木雪乃、中川諒子、飯塚朋子、増茂るるこの並びで周回を重ねる。赤板から上昇を開始した中川が打鐘で先頭に立つと荒牧も踏み込み番手を確保。そのまま中川が主導権を握るかと思われたが、3番手の加瀬が最終ホームから早めの巻き返しを見せ、2コーナーで中川を捕らえると切り替えた荒牧が加瀬を追走し3番手にパターソンが続く。しかし、両者とも加瀬を交わすまでには至らず、そのまま押し切った加瀬が連勝のゴール。2着に荒牧、3着にパターソンがそれぞれ入線した。
 
スタート
20130320_7R_strat.jpg
 
周回
20130320_7R_shukai.jpg
 
赤板(残り2周)
20130320_7R_akaban.jpg
 
打鐘
20130320_7R_jan.jpg
 
最終ホーム(残り1周)
20130320_7R_saishuH.jpg
 
最終バック
20130320_7R_saishuB.jpg
 
ゴール
20130320_7R_goal.jpg
 
7レース勝者 加瀬加奈子選手
20130320_7R_shousha.jpg
 
 
【ダッグアウトから】
 
◆6レース(ガールズ予選2)
★1着のカーリー・マカラク
20130320_6R_makaraku.jpg
「今日はメンバー的にみても先行できるなっていうのがありましたね。ただ、後方から早めに追い上げてこられないかが心配でしたけど。先週にかなり強めのトレーニングをしてここに来たんですが、その成果なのか、今回は自分でもビックリするくらいコンディションがいいんですよね。日本に来てから今日が1番のグッドコンディションでした」
 
★2着の篠崎新純
20130320_6R_shinozaki.jpg
「流れ込みでしたけど(笑)、上手く組み立てられたと思います。地元の意地で2着に入った感じでしたけど、やっぱり地元は気合いが入ります。やっぱり、マカラク選手は駆け方も上手いですし、追走していても余裕があるなっていう感じはしましたね。ただ、私もこの2日間を走ってみて、脚は軽いですし、初日は内に詰まって5着になってしまいましたけど、今日の2着で決勝に進むことが出来たので、決勝でも見せ場を作れる様に頑張りたいと思います」
 
★3着の三輪梓乃
20130320_6R_miwa.jpg
「マカラク選手が前を取ったのが意外だったんですけど、上手く流れに乗っていけたんじゃないかなと思います。今日は踏んだ感じも悪くなかったですし、4着、3着と成績はそれほどでもないんですけど、調子自体はいいと思いますよ」
 
★4着の渡辺ゆかり
「マカラク選手は自分の自力がどれくらいなのかっていうのを試したかったんですかね。自分はそれを後ろから眺める様な感じになってしまって、レースに参加するのが遅すぎましたね。ちょっと体調的にあんまり良くないのかなっていうのがあって、今日はあまり体に力が入らなかったです。なので、明日(最終日)までに出来ることをやって、少しでも体調を上げていきたいです」
 
★5着の田畑茉利名
「マカラク選手が前を取るなんて全く思ってなくて、そこから自分の予想がことごとく外れてしまった感じですね。渡辺さんもなかなか動いてくれなかったですし。あれなら、自分は1番後ろだったし、切りに行った方がいい展開に持ち込めたかもしれないですね」
 
★6着の藍野美穂
「マカラク選手の後ろが取れて、誰よりもいい位置にいたはずなんですけどね…。踏み出しに離れてしまって、かなりもったいないことをしてしまいました。今日は友達も観に来てくれていて、気合いが入っていたんですけどね。今日、不甲斐ないレースをしてしまった分は、気持ちを切り替えて明日のレースで挽回したいと思います」
 
★7着の尾上明子
「まさかあんなにレースが動かないとは思いませんでしたね。結局、今日も後ろからのレースになってしまって、前の動きを見すぎてしまったのが良くなかったかなと。あそこまでレースが動かないんだったら、自分から仕掛けていっても良かったのかなと。やっぱり、積極的に駆けていかないとダメってことなんでしょうね。なので、明日の最終日はこの2日間の反省を生かしてレースを組み立てていきたいです」
 
◆7レース(ガールズ予選2)
★1着の加瀬加奈子
20130320_7R_kase.jpg
「アジア選や新人訓練の疲れとかは言い訳にはしたくないと思っていたので、今日もしっかりと力を出し切ることが出来て、ファンの方の声援や車券に貢献することが出来てよかったです。6レースではマカラク選手も連勝を決めていましたけど、彼女とはワールドカップで1度対戦したことがあって、その時は彼女が1着で私が2着という結果だったので、ガールズケイリンでは勝ちたいと思います」
 
★2着の荒牧聖未
20130320_7R_aramaki.jpg
「スタート取って突っ張ることを一番に考えていた。中川さんのダッシュが良く出られてしまいましたが、そのあとは切り替えられたし冷静に走れてると思います。この2日走ってみて、感じ良いです」
 
★3着のペイジ・パターソン
20130320_7R_pata-son.jpg
「今日はちょっと調子が悪かったですね。途中で、一瞬集中が途切れてしまったところがあって、自分の組み立てが出来なかったですね。明日の決勝戦では今日と同じミスをしない様にしっかりと集中していきたいと思います」
 
★4着の増茂るるこ
「また4着ですね…(苦笑)。スタートで失敗してしまって、また人任せのレースになってしまいました。どうしても、今の状況だと成績を残したいっていう気持ちの方が強く出てしまって、小さいレースになってしまっているので、もっとしっかりと気持ちを切り替えていかないとダメですね。なので、最終日は最後までしっかりもがききって、次に繋がる様なレースをします!」
 
★5着の中川諒子
「加瀬さんより先に動かないといけないと思っていたので、そこまでは予定通りだったんですけど、出切るまでに脚を使ってしまったのもあって、その後は展開に対応出来なかったですね。この2日間はだいぶ悔しい思いをしたので、最終日こそ1着を取っていい形でこのシリーズを終えられる様に頑張ります」
 
★6着の飯塚朋子
「中川さんが動いて3者並走になった時にどうしようか考えちゃったのが良くなかったですね。外に持ち出そうかなとも思ったんですけど、結局動けず後方になってしまったので、もっと積極的に前々に攻めていける様に強い気持ちを持っていかないとダメですね。最終日の一般戦もかなり強力なメンバーになってますけど(苦笑)、何とかいい結果を残して帰りたいと思います」
 
★7着の伊木雪乃
「またレースに参加できずの7着になってしまいました。この2日間は見せ場らしい見せ場を作れていないので、最終日はそうならない様にこの2日間の反省を生かして頑張ります」
 
【最終日レースへのコメント】
◇5レース(ガールズ一般)
1番車・田畑茉利名
「前を取って他の選手の捲りに合わせて、自力を出せるところがあれば出していきたいです」
2番車・伊木雪乃
「内枠に入ることができたので、前々に位置取りして流れを見て攻めていきたいですね」
3番車・尾上明子
「この2日間で積極的に攻めることが出来なかったので、3番車ですし、とにかく前々に攻めていきます」
4番車・増茂るるこ
「しっかりと前を狙って、人任せのレースじゃなくて、自分から積極的に動いていきたいですね」
5番車・藍野美穂
「5番車ですけど、スタートで前を狙ってタイミングを見て仕掛けていきます」
6番車・中川諒子
「外枠なので、スタートはそんなにこだわっていないので、取れた位置から自力を出していきます」
7番車・飯塚朋子
「大外なんですよね(苦笑)。動ける選手がたくさんいるレースなので、誰が最初に動くのか流れをしっかり見極めて、その選手にしっかりと付いていける様にしたいです」
 
■レース展望
 ここは中川が好機の自力発進からそのまま押し切りそうだ。ただ、最内に田畑が入ったことで、難なく中川後位に付けられる様だと逆転も妙味。ここ最近はスランプ気味の増茂だが、中団以内を確保できれば、積極的な仕掛けで上位に進出してくる可能性は十分にある。
 
◇9レース(ガールズ決勝)
1番車・加瀬加奈子
「1番車ですか! 相手は強力ですけど、とにかく自分のやるべきことをやって力を出し切るだけですね」
2番車・篠崎新純
「まずはスタートに全力で集中して前を取りにいきます。その後は加瀬さんかマカラク選手が必ず動いてくるので、来た方に合わせて踏んでいきたいです」
3番車・カーリー・マカラク
「スタートで自分より前に強い選手がいない様に位置取りをしていきたいと思います」
4番車・三輪梓乃
「取れた位置からタイミングを見て自分から自力を出していきます」
5番車・荒牧聖未
「いつも通りに、レースの流れを見て、仕掛けるべきところで仕掛けていける様にしっかりと集中していきたいですね」
6番車・ペイジ・パターソン
「先行で攻めていきたいところなんですけど、レースの展開上、ペースが早くなる様だと先行だと厳しくなると思うので、その辺りを考えて組み立てていきたいですね」
7番車・渡辺ゆかり
「かなり強力な相手ですけど、自分のタイミングで仕掛けていける様に頑張っていきたいと思います」
 
■レース展望
 この2日間を見る限り、加瀬とマカラクの一騎打ちとなる可能性がかなり高そうだが、加瀬の押し切りに期待したい。もちろん、マカラクも京王閣で中村由香里に敗れているだけに、優勝への思いは強いはず。また、地元で気合い入る篠崎の台頭や、パターソンの捲り一発も警戒しておきたいところ。