Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリン第32戦in 京王閣 初日:3月8日リポート

2013/03/09

短期登録制度の外国人選手が参加シリーズが開幕!
強風の為、スポークホイールで行われた初日のレースは、6Rでカーリー・マカラク選手が後続を離して1着と世界上位の脚力を見せつけました。7Rでは地元の中村由香里選手がまくって押し切り勝ち。
初日が終わって日本のガールズ選手達はカーリー・マカラク選手の強さに圧倒された様子。しかし、ホスト側の意地を見せてくれた中村由香里選手も強かったですね。
互いの実力が分かっての予選2は、更にヒートアップしたレースが期待できそうです。
2日目との合計ポイントで決勝進出メンバーが決定します。
ガールズケイリン初日の発走予定時刻は6レースは17時35分、7レースは18時01分です。
※ナイター開催となりますのでご注意下さい。

 【レースダイジェスト】
◆第6R(ガールズ予選1)  レース動画はコチラ
浦部郁里・増茂るるこ・マカラク・伊木雪乃・森美紀・白井美早子と並んで外に浮いた荒牧聖未が7番手に車を下げる。赤板を前に白井が上昇すると、合わせて増茂が車を外に持ち出し、打鐘では3車並走に。白井が増茂を制して先頭に立つと、ホームからカマした荒牧にマカラクがスイッチして2車で出切る。荒牧の先行をマカラクが3コーナーからあっさりまくり切って後続を引き離し快勝。前受けしたものの道中後方置かれた浦部だったが、内を突いてマカラクマークの白井の後位まで詰めると、ゴール前白井を交わして2着に入った。

周回中
20130308_6Rsyukai.JPG

赤板
20130308_6Rakaban.JPG

打鐘
20130308_6Rdasyo.JPG

最終ホーム
20130308_6RSH.JPG

最終バック
20130308_6RSB.JPG

ゴール
20130308_6Rgoal.JPG

◆第7R(ガールズ予選1) レース動画はコチラ
5番車から思い切って飛び出した中村由香里が小林莉子を制して誘導員の後位に付ける。浮いたパターソンを重光啓代が前に入れて、以下の並びは三輪梓乃・岡村育子・越田恵美子で落ち着く。赤板過ぎに上昇した重光が中村を押さえて主導権。その後ろに中村がはまり2コーナーで番手まくりを放つと、これを小林-パターソンが追走。押し切りをはかる中村を小林、パターソンの両者が懸命に交わしにかかるが中村が粘って1着を死守。並び順のまま小林が2着、パターソンが3着となった。

周回中
20130308_7Rsyukai.JPG

赤板
20130308_7Rakaban.JPG

打鐘
20130308_7Rdasyo.JPG

最終ホーム
20130308_7RSH.JPG

最終バック
20130308_7RSB.JPG

ゴール
20130308_7Rgoal.JPG

【ダッグアウトから】
◆第6レース(ガールズ予選1)
1着のマカラク
201303008_makaraku.JPG
「沢山のお客様の前で走ることはオリンピックで経験しているけれど、オッズを見て自分への期待値が高いのが分かって緊張しました。今日は最初から先頭に立つよりも中団から様子を見ていこうと思っていたので、それは予想通りでしたね。上がりタイムは13.1でいつものタイムより遅いけど、自分で先行してのタイムならもっと早いと思います。明日はディスクならギアを上げれるし、今日ほどの緊張もないと思います。コンディションも思ったよりも良いようです」

2着の浦部郁里
201303008_urabe.JPG
「誘導退避の時に並走で内に落ちてしまうし、戻ってからマカラクさんに挟まってしまい、前を取ったのにだいぶ後方に置かれてしまいました。それでも内々を突いて走れたし、冷静だったと思います。みんながマカラクさんの後ろを狙っていた中、自分はその位置に拘らなかった分、脚を溜めれて2着に届きました」

3着の白井美早子
201303008_shirai.JPG
「1回は前に出ないといけない位置だったし、荒牧さんより先に動きたいと思っていました。鐘で脚を使ってしまったけど、それでもちゃんと飛び付けているし状態は良いと思います。2着がある位置にいたので、最後交わされてしまったのがもったいないですね」

4着の増茂るるこ
「4着の神様が離れてくれないのかな(苦笑)それでも質は上がっての4着だし、毎回同じ事はしていないです。スタートからマカラクさんの後ろを取りたかったけど、1つ内の枠だったので変に引いて浮くより前に入って、斬って飛び付きを狙いました。でも、みんなマカラクさんを意識して仕掛けが早かったですね」

5着の荒牧聖未
「自分が外々を踏む形になってしまっただけですね。久しぶりのレースでしたけど、脚の感じも悪くないので2日目はしっかり修正します」

6着の森美紀
「あんなにゴチャゴチャしたレースは久しぶりですね。スポークに変わったし、風があると思ってギアを下げたけど、思ったよりも風がなくてバックでは回し切ってしまい踏み直しができなかったです」

7着の伊木雪乃
「マカラクさんの後ろが取れたけど、脚力差があるので無理に追わず内々に行こうと思っていました。浦部さんに付け切れていれば…」

◆第7レース(ガールズ予選1)
1着の中村由香里
201303008_nakamura.JPG
「Sを取りにいきました。後ろの並びは分かっていたので、バックではパターソンさんが仕掛けてくると思って警戒していました。4コーナーからは後ろからの気迫を感じていたし、今日押し切れたのはツキがあったんだと思います。外国人選手のアップのやり方とかトレーニングの話を聞いて色々参考になりました。世界でナンバー1を目指している選手達なので、区分はアマチュアでもプロの魂を感じますね」

2着の小林莉子
201303008_kobayashi.JPG
「スタートは取れると思ったけど、中村さんが見えたので無理に脚を使ってまでは行きませんでした。自分で仕掛けたかったけど、中村さんが先に行ったので、追い込みに切り替えて、あの展開なら差せると思ったけど、後ろにいるパターソンさんを意識し過ぎましたし、中村さんが強かった。今回から3.69のギアに変えていて、踏み出しは重いけど、あとは流れる感じがありますね。外国人選手2人の脚力も分かったし、明日は今日よりも戦い易いと思います」

3着のパターソン
201303008_pata-son.JPG
「少し緊張もありました。周りが良いレースをしていて、自分の力が至りませんでした。2人(中村・小林)が良いレースをしているのは知っていたので、その後ろに付こうと思いました。もっとレースをこなしていけば、更に良くなると思います」

4着の三輪梓乃
「前に強い人が並んだのでキツかったですね。中途半端に行って外に浮いてしまったので、2番手横くらいまでもっと踏んで行くべきでした。1センターでパターソンさんが外に来た時に怯まず行ってしまえば良かったな」

5着の岡村育子
「バックではパターソンさんの内に差して、中に入ってしまった分、踏み遅れてしまいました。付けれていればもっと上の着がありましたね。先に予測して踏んで行けるようじゃないとダメですね」

6着の越田恵美子
「いつも外でヒラヒラしてしまうので、内に行こうと思ったけど1本棒のままで内は空かないし、何もできずに終わってしまいました。レースに参加できていないですね」

7着の重光啓代
「1本棒の展開で苦しかったけど、負けたのは自分の脚力不足です。今日のようなレースもあれば、着に残れるレースもあるので、こういう自分のレースを重ねていきます。7着でも意味のある7着だと思う」

【2日目のレースへのコメント】
◇第6レース(ガールズ予選2)
1番車・白井美早子「内に詰まらないように、仕掛けられる所でしっかり行きたいです」
2番車・岡村育子「4番手以内にはいたいですね。前めから脚溜めて行きたいです」
3番車・マカラク 「ディスクにしたら、ギアを上げるかもしれません。強い小林さんの動向みて仕掛けたい」
4番車・森美紀「取れた所からですね」
5番車・三輪梓乃「取れた位置から流れ見て。チャンスがあれば躊躇せず行きたい」
6番車・小林莉子「自分の自力出せる所で行きたいですね。マカラクさんに行かれては苦しそうなので、先に仕掛けたいです」
7番車・重光啓代「先行主体です。初日はフカし過ぎました。ペースを考えて後半しっかり持つように」

 ◆レース展望
初日は冷静なレース運びで完勝。ガールズケイリン初参戦という不利を圧倒的な脚力な跳ね返したマカラクの首位は堅そうだ。小林、白井がどこまで迫れるか。

◇第7レース(ガールズ予選2)
1番車・荒牧聖未「なるべく前々からレースをしたいです」
2番車・増茂るるこ「スタートを狙いたいけど、デビューから初めてギアを上げてS取る自信はちょっとない。初日のような展開から無理せず脚を溜めて行たいですね」
3番車・伊木雪乃「できるだけ前々から流れ見たいです」
4番車・中村由香里「スタートは出てみてからですけど、前々は欲しいです。いつも通り思い切った自力です」
5番車・パターソン 「バックで先頭に立てるように先行・まくりで勝ちたいです」
6番車・越田恵美子「人に頼らず自分で動いて行きたい」
7番車・浦部郁里「7枠だけどスタートは取れると思う。誘導退避の並び見て、中村さんを中心に組み立てます」

◆レース展望
初日ホスト側の意地を見せた中村由香里が中心となりそう。パターソンはマカラクほどガールズケイリンに順応し切れていない様子。2日目でどこまで修正してこれるかがポイント。