Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリン第30戦 in松戸 2月22日 最終日リポート

2013/02/23

松戸競輪場で20日から3日間に渡って激闘が繰り広げられてきたガールズケイリン第30戦。優勝の栄冠に輝いたのは千葉の浦部郁里選手でした。もちろん、これが嬉しい初優勝。ゴール後、敢闘門に戻ってくるなり、「よっしゃ!」と喜びを爆発させ、出迎えた南関の男子選手の笑いを誘っていました(笑)。それだけ、今シリーズに懸ける思いが強かったということでしょう。新たなチャンピオンの登場でますます盛り上がるガールズケイリンにどうぞご期待下さい。
そして、次回のガールズケイリンは明後日、24日に高松競輪場で開催されるガールズコレクションin高松ステージ。ガールズグランプリ出場組が5名も顔を揃えた豪華な一発勝負レース。一体、どんな結果が待ち受けているのでしょうか。

20130222a.JPG


【レースダイジェスト】
◆5レース(ガールズ一般) レース動画はコチラ
 誘導以下、尾上明子、野口諭実可、近内稚明、大和久保美、伊木雪乃、越田美恵子、田畑茉利名の並びで周回を重ねる。青板バック過ぎから上昇した越田に近内が赤板で合わせて上昇、その近内を追った田畑が打鐘で前団を一気に叩いて先行態勢に入ると、大和が田畑後位の尾上と並走する形となるが、最終ホームで大和が仕掛け、田畑との先行争いに発展。これを最終バックで何とか叩き切った大和が先頭に立つと、大和マークに田畑が入り、そのまま大和─田畑で入線。決まり手が「逃げ─逃げ」という珍しい結果となった。なお、3着には前受けから田畑を追走した尾上が入線した。

スタート
20130222a (1).JPG

周回
20130222a (2).JPG

赤板
20130222a (3).JPG

打鐘
20130222a (4).JPG

最終ホーム
20130222a (5).JPG

最終バック
20130222a (6).JPG

ゴール
20130222a (7).JPG

◆9レース(ガールズ決勝) レース動画はコチラ
 誘導以下、浦部郁里、藤原亜衣里、白井美早子、重光啓代、森美紀、岡村育子、松尾智佳の並びで周回を重ねる。赤板で重光が上昇するとこれに合わせて白井も上昇し、打鐘過ぎから一気のスパートで先行態勢に入る。白井を追った重光と前受けの浦部とで白井マークを巡った番手戦となるが、内にいた浦部が難なく白井マークを確保。直線に帰り、粘る白井を交わした浦部が嬉しい初優勝。2着は粘った白井、3着には浦部追走の藤原がそのまま流れ込んだ。

スタート
20130222a (11).JPG

周回
20130222a (12).JPG

赤板
20130222a (13).JPG

打鐘
20130222a (14).JPG

最終ホーム
20130222a (15).JPG

最終バック
20130222a (16).JPG

ゴール
20130222a (17).JPG

勝利者
20130222a (18).JPG


【ダッグアウトから】
◆5レース(ガールズ一般)
☆1着の大和久保美
 20130222a (8).jpg
「自分のタイミングっていうよりは、引くに引けないところだったし、『行かなきゃ!』って感じでしたね(笑)。踏んだ時の手応えはよく分からなかったけど、田畑さんの隣に並んだ時は(1着)イケるかなっていうのはありましたね。これで、やっと2勝めなので、これからは勝ち上がり戦でしっかりと1着を積み重ねて、まずは安定して決勝に乗れる様にならないとダメですね」

☆2着の田畑茉利名
20130222a (9).jpg
「先行は全然考えてなかったんですよ。(最終)ホームでは行こうと思ってたんですけど、出るのがちょっと早かったですね。近内さんが自分から動くと思わなかったし、越田さんもなかなか来ないしで、そのまま逃げる形になっちゃったんですけど、大和さんが強かったですね。持久力では彼女の方が上ですから。2着でも悔しいレースでした。次は外国人選手が参加する松戸競輪なんですけど、(外国人は)ウワサによるとかなり強いみたいなので、それまでにしっかり練習して、本番では頭を使って、外国人選手に離されない様に頑張ります」

☆3着の尾上明子
20130222a (10).jpg
「昨日のレースがあったので、スタートは絶対に野口さんより前にいこうと思って、気合い入れましたね。その結果、前を取れたのが大きかったです。最後は踏むコースがなくて、内に踏めるだけ踏んだんですけど、何とか3着に入れてよかった。最終日に確定板に乗ると気分いいですから(笑)。ただ、予選での失敗が多くて、変に見すぎちゃうところがあるので、次回までにその辺りの課題を修正してきたいと思います」

☆4着の近内稚明
「やっぱり、田畑さんが仕掛けてきましたね。でも、その後に大和さんも来るかなと思っていたので、何とか付いていくことは出来たんですけど、欲を言えば3着には食い込みたかったかな。やっぱり、33バンクは外が伸びないですね…。ただ、次は400バンクの京王閣で、外が伸びる競輪場なので、そこから巻き返していける様にしたいです」

☆5着の伊木雪乃
「結果的に今日も何もすることが出来なくて、3日間通して悔しい結果になってしまいましたね。でも、次の開催までにしっかり練習して、今回の反省を生かしていける様に頑張りたいです」

☆6着の野口諭実可
「理想は1番前を取りたかったんですけどね。前さえ取れれば結果も違っていたかもしれないので。今日もそうだったんですけど、レース中に自分がどういう動きをすればいいのか迷ってしまうようなところがあるので、これからは脚はもちろん、脳を動かすトレーニングもしていかないとダメですね」

☆7着の越田美恵子
「今日もまた合わされちゃいました(苦笑)。みんな、私の戦法が分かってきてるから、上手く対応されちゃって。33バンクだし、外に浮いちゃうんですよね。浮かされた後、並走すればよかったのかな…。何もできずの7着なので、悔しいというか、悲しいというか…。次の京王閣に向けて戦法を開拓してきます」

◆9レース(ガールズ決勝)
☆1着の浦部郁里
20130222a (19).jpg
「地元で篠崎(新純)さんに続いて初優勝を決められたのが本当に嬉しいですね。連日、ファンの方もすごく応援してもらってましたし、それに応えられて何よりです。しかも、これが地元での初勝利なんですよ。それが、初優勝になるなんて、ちょっと感慨深いですね。でも、これに満足することなく、これからもチャンスをしっかりとモノに出来る様に、今年中にあと2~3回は優勝出来る様に頑張っていきたいと思います。年明けの2場所はイマイチ結果を残せなかったので、この優勝がいいきっかけになればいいかなと」

☆2着の白井美早子
20130222a (21).jpg
「今日は突っ張る気だったし、力を出し切ることが出来たので、悔いはないですね。残れなかったのは自分が弱いということなので。今日みたいな展開になっても押し切れる様にならないと、本当の意味での上位クラスでは戦っていけないと思うので、これからもしっかりと練習していきたいと思います。ただ、今日は33バンクなのに、直線が長く感じました(苦笑)」

☆3着の藤原亜衣里
20130222a (20).jpg
「3日間、しっかり3着でまとめました(笑)。でもまあ、今日のレースに関しては3着でも仕方ないですよ。外にも行けないし、内にもいけないしですから。なんか、何をやっても1着が遠いですね。なんか笑っちゃいますよね(笑)。ただ、次はもうすぐ後に京王閣があるので、何とかそこでまずは初勝利を達成出来る様に頑張ります」

☆4着の岡村育子
「前に決勝乗った時は7着なので、それよりかは良くなりましたね(笑)。スタートで重光さんの後ろに入りたかったんですけど、森さんに入られてしまったし、重光さんも白井さんの後ろを狙っていましたからね。あそこで自分が白井さんの後ろに入っていればよかったんですけど。でも、着実に階段を昇っている様な感覚が自分の中にあるので、これからもっと練習して、コンスタントに決勝に進める様な選手になりたいです。そうすれば、必然的に優勝チャンスも巡ってくるでしょうし」

☆5着の重光啓代
「やっぱり、悔しいですね。ガールズコレクションの『裏開催』みたいな感じで優勝チャンスの大きい開催だったんですけど、これからはそういう『裏開催』じゃなくても、しっかりと決勝に残って、しかも優勝争いを演じられる様な選手になっていかないとダメなんだなと。そのためには練習するしかないので、とにかく頑張ります」

☆6着の森美紀
「『3番車の奇跡』は起きませんでした(笑)。スタートでまた重光さんの後ろが取れたのは良かったけど、その重光さんが、ちょっとらしくないレースでしたね。重光さんが出切れなそうだなっていう時点で、仕掛けても良かったんですけど、今日は前の選手の動きに頼りすぎてしまったのが良くなかったかなと。もっと積極的にいかないとダメってことなんですね。(最終)バックから出ていこうと思ったけど、登り下りが激しすぎて、結局掛からないまま終わってしまいました」

☆7着の松尾智佳
「スタート、頑張ってみたんですけどね…。結局、最後方になってしまって、あれではもうどうにもならないです。それでも、自分に脚があれば、その位置からでも打開する方法はいくらでもあったと思うので、またイチから練習して勝負できる脚を作ってきます」