Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

2012‐2013 UCIトラックサイクリング ワールドカップ・グラスゴー大会初日レポート

2012/11/17

11月16日はワールドカップ・グラスゴー大会の初日でした。
初日の種目は、男女団体追抜き、男女チームスプリント、男子オムニアム初日、男子スクラッチ、女子500mタイムトライアルが行われました。
日本は、女子チームスプリント、女子500mタイムトライアル、男子チームスプリント、男子オムニアムに出場しました。
女子チームスプリントには、ガールズケイリンの勝つことにこだわる先行で優勝を重ねている加瀬加奈子選手と前田佳代乃選手がペアを組んで出場しました。
結果は35秒329の8位で決勝に進出ならず。しかし、今回はチームスプリントの練習もしていない中の35秒台なので、34秒はいきそうな感じは十分にあります。
次回に期待しましょう!女子チームスプリントの優勝はイギリスでした。
 

女子500mタイムトライアルには前田選手が出場。こちらは35秒726で10位。学業との両立で、十分な練習が出来ていないようですが何とか頑張ってほしいところです。
 

男子チームスプリントには河端朋之選手、坂本貴史選手、稲毛健太選手が出場。46秒182で10位フィニッシュ。まずは45秒台に突入が必要だと思います。
男子オムニアムに出場した橋本英也選手(鹿屋体育大学)は、大健闘中!
総合の結果が楽しみです!頑張れ!

前田選手
「まだ学業との両立があって十分な練習が出来ていなくてベストの状態ではないんですけど、今後の課題なども見つかったので、選んでもらえればですけど、次のアグアスカリエンテス(ワールドカップ第3戦)では、34秒台を出したいですね」

加瀬選手
「こちらに来て合わせて、35秒なんで、合宿をして前田さんと合わせれば、34秒台で日本新はでると思います。それとは別にケイリンで何とか頑張りたいですね」

 さて、サークリスホイヴェロドロームの様子はというと、超満杯!それも午前からの部でですよ!
本当にトラックサイクリングの人気は半端じゃありません!
1時間でチケットソールドアウトした理由は分かります!
日本の競輪も常にこれだけ入ってくれれば!なんて思います(笑)

 2日目は、女子スプリント、男子ケイリン、男子オムニアムに日本選手が出場します!
応援よろしくお願いします!

 

1WomenTeamsprintjapan.JPG

女子チームスプリント、日本。千切れるな加瀬!しかし、一回加瀬選手のフライングで再発走となり2回目のスタートだったので、ちょっと慎重になった感じがあったと思います。


2MenTeamsprintJapan.JPG
 

男子チームスプリント。日本。頑張れ!

3kaseMeda.JPG

次回の日本新に期待したい加瀬加奈子選手、前田佳代乃選手。

4Women500mMaeda.JPG

もうちょっとタイムを出したい前田選手。

5elimiHashimoto.JPG

今回初めてエリートで海外遠征となった橋本英也選手。全力を尽くしています。頑張っています!応援よろしく!

6opening.JPG

オープニングセレモニーで出てきたのは、バグパイプ演奏団。初めて見ましたが素晴らしい!特に太鼓。これが良い!

7opening2.JPG

スコットランドの民族舞踊。とてもスマートな踊りです。

8kaijyou.JPG

会場は満杯!凄い!