Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

2012-2013ワールドカップ第2戦グラスゴー大会2日目

2012/11/19

2日目は、女子スプリント、男子ケイリン、男子オムニアム2日目に日本チームから出場しました。
女子スプリントには、加瀬加奈子選手、前田佳代乃選手が出場、男子ケイリンには、新田祐大選手、坂本貴史選手が出場、そして男子オムニアム2日目には初日に続き橋本英也選手が出場。

さて、女子スプリント。レース前には、「ハロン(200mタイムトライアル)の練習は、全くしてません!」と言っていた加瀬選手。その走りに期待が懸かったのですが、12秒033の17位で予選突破ならず。残念! 前田選手が11秒699の13位で1/8決勝に進出しました。
しかし、前回のカリ大会と同じく1/8決勝で当たった香港チャイナのリーワイジー選手と当たり、敗退。もう少し、タイムが出て、下位の選手と対戦できないとこの種目で上位に行く事は難しいと思います。なんとか頑張ってほしいですね。
結局1/4決勝Bでも前田選手は敗退し15位となりました。

最終日に行われる女子ケイリンに二人とも出場するのでこちらは期待したいところですね。

さて、男子ケイリンでは、坂本貴史選手がやってくれました!銅メダルを獲得!素晴らしいですね!
まず1回戦は、勝ち上がれず敗者復活戦に。敗者復活戦では、見事1位で2回戦に。ここからの神懸かり的な運が坂本選手に舞い降りました。
2回戦は先行したんですけれども、結局後方に置かれ、絶体絶命。で5着入線。しかし、落車があり先着した選手達が降格となり繰り上げ2着。これで1‐6位戦に進出。そして、1‐6位戦でも、仕掛けはしたものの出切れず、後方に下がったところで前で落車。これを避けてゴールし3着入線で銅メダルを獲得しました。
坂本選手は「運も実力の内といいますが、運だけは世界一なので、次は実力で勝ちます」とコメント。その通り、運が無いと実力があっても勝てないのがこの世界。
次は更に運と実力で金メダルを獲得してほしいですね。
新田選手は、一回戦、敗者復活戦と勝ち上がれず敗退となりました。敗者復活戦は惜しかったんですけどね。最後差されてしまいました。

そして、大活躍だったのが橋本選手。初日の総合は12位。2日目は個人追抜きからスタートで、4分36秒936で種目9位に。そして、スクラッチ。これが凄かったですね。終始前々に位置して、更に積極的動いてラップ。最後は相当苦しかったようですが、3位でフィニッシュ! これで各国からマークがきつくなったと思います(笑)。

そして最後の種目は1kmTT。こちらは1分7秒747で14位となり、総合で9位。
世界大会のエリートクラスを初めて走った橋本選手は相当頑張ったと思います。今後が楽しみですね。

 加瀬選手のハロン。
1kase200.JPG

前田選手のハロン。
2maeda200.JPG

前田選手の1/8決勝。
3maeda8bunno1.JPG

 坂本選手ケイリン決勝を走る。
4menKeirinFinal.JPG

男子ケイリン表彰。
5hyousyo.JPG