Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリン第14戦 in京王閣 最終日:10月17日リポート

2012/10/17

ガールズケイリン第14戦は加瀬加奈子選手が弥彦に続いて3日間逃げ切ってのV!
近況負け越していた増茂るるこ選手をシナリオ通りの逃走劇でねじ伏せ連勝を6に伸ばしました。

「先行で頑張っている他の選手達に、先行でも勝てる所を見せたかった」と加瀬選手。
"スタイルを変えずにガールズグランプリもこの走りで勝つ"と強気な発言が飛び出しました。

一般戦では伊木雪乃選手が初の確定板(3着以内)今後のレースにも期待したいですね。

次回ガールズケイリン第15戦は西日本で二度目の開催となります。
10月22日より3日間京都向日町競輪場で開催されます。ご期待下さい!

◆第5R(ガールズ一般) 
レース動画はコチラ

スタートは関口美穂、高松美代子が飛び出し関口が前受け。以下高松・伊木雪乃・重光啓代・田中麻衣美・ 大和久保美・尾上明子で周回を重ねる。 鐘前に大和が上昇し、尾上がこれを追う。鐘で叩くと大和が一車で出切り、尾上は外に浮いてしまう。大和の番手に関口がはまるも、ホームからすかさず車を外に持ち出してスパート。そのまま後続を離して快勝。高松との併走を凌いだ大和が2着。大和追走の伊木が3着で初の確定板となった。 

周回
5R周回.JPG

赤板
 20121017_02.JPG

最終ホーム
20121017_03.JPG

ゴール
 20121017_04.JPG


◆第10R(ガールズ決勝) 
レース動画はコチラ

レース動画はコチラ
スタートは森美紀が勢いよく飛び出しペーサー後位を確保。以下増茂るるこ・三輪梓乃・山口菜津子・野口諭実可・ 加瀬加奈子・近内稚明で隊列が整う。赤板で加瀬-近内が上昇。鐘で先頭に立つと前受けの森が粘って、近内と併走に。残り1周で近内が番手を取り切って、インの森は後退して3番手に。前の森が離れるという苦しい展開の中、増茂がまくるが空いた車間を詰めるのがやっと。ペース駆けとなった加瀬が弥彦に続いて逃げ切りで優勝を決めた。3着には増茂を追った三輪が入った。
終ホーム
20121006_05.JPG 

発走
20121017_05.JPG

周回
20121017_06.JPG

赤板
 20121017_07.JPG

最終ホーム
20121017_08.JPG

ゴール
 20121017_09.JPG

勝利者インタビューの加瀬選手
20121017_10.JPG

【ダッグアウトから】
◆第5レース(ガールズ一般)
1着の関口美穂
20121017_11.JPG
「昨日まで自力を出せず不甲斐なかった分、思いきっていこうと決めていました。大和さんと重光さんが一緒に上がってくると思っていたから、1車で助かりました。ホームでは前が少しタレてきていたので、外とかぶる前に早めに出ました。ゴールまで持つかな?と思ったけど押しきれて良かったです。予選でもこの走りをできていれば良かったんですけどね」

2着の大和久保美
20121017_12.JPG
「重光さんより先に動こうと思っていました。前に出て、飛び付くなり、突っ張るなりしたかったけど、関口さんがあんなに早く出ていくとは…。カマシにあんなに離れては格好悪いですね」

3着の伊木雪乃
20121017_13.JPG
「スタートはもう一車前にいたかったんですけど、3番手を取れたのは初めてかもしれないです。
大和さんが高松さんと併走になった時に突っ張りきってくれたのが大きいですね。今度は自分がああいうレースをしたいです」

4着の田中麻衣美
「外々のイエローラインあたりを走ってしまったので(1周で)500メートルくらい走った感じです。もうちょっと考えて走らないとダメですね。スタートと道中の組み立てが課題です」

5着の高松美代子
「関口さんの後ろ取れていたのに何で離れちゃったんだろう。ゴチャついた時に色々考えて踏み遅れてしまいました」

6着の重光啓代
「鐘からはいけないと思っていたので、大和さんがいった上をホームで叩こうと思っていたけど、外併走の尾上さんが下がってきてしまっていたのでいけなかったです。人の動きに頼るとこうなってしまうと勉強になりました。自分らしくないレースをしてしまい悔しいです」

7着の尾上明子
「大和さんが仕掛けてくれると思って乗っていったけど、やっぱり外併走はキツいですね。今開催で初めてのギアも試せたし、勉強になる追加開催でした」


◆第10レース(ガールズ決勝)
1着の加瀬加奈子
20121017_14.JPG
「森さんがSを取った時点で鐘から行こうと決めていました。天候は気にしない方だけど、雨で先行がより有利になると思っていたし"後ろを振り向かず突き進め"と滝沢校長にも言われてここへ来たので、それを裏切る走りをしたくなかったです。増茂さんは若くて伸び盛り。最近負けてばかりだったけど、自分の中で戦法への迷いも消えたので、今回は小細工なしの先行でねじ伏せて強さを見せつけたかったですね。若手にも先行でも勝てるという所をみせたかったし、スタイルを変えずガールズグランプリもこの走りで勝ちたいです」
 

2着の増茂るるこ
20121017_15.JPG
「前が離れてしまうのは想定外でした。車間を詰めるので精一杯になって届きませんでした。もうワンテンポ早く仕掛けたかったですね。あの展開を捲れないのが今の脚力なんだと思って1ヶ月レース空く分、もっと強くなって京王閣に帰ってきたいです」

3着の三輪梓乃
20121017_16.JPG
「狙った位置は取れました。付いていていっぱいではなかったけど、追い込めなかったのが2人との力の差ですね。決勝で初めて確定板にのれたのは嬉しいけど、また新たな課題ができました」

4着の山口菜津子
「スタートでSを取れないなら、加瀬さんがくる前に自分で1回前に出てもよかったかなと思いました。難しいレースでしたけど、やっぱり私は前々にいないとダメですね」

5着の野口諭実可
「スタートは森さんに合わされてしまって、思った位置が取れませんでした。 加瀬さんを追って外併走より内で増茂さんの仕掛けを待ちましたが、力を出し切れず終わってしまいました。 加瀬さんより先に動いて、内から飛び付いてもよかったかな。2センターで、まくりたかったけど、前が外に外していたのでためらってしまいました」

6着の近内稚明
「初手であの位置取れたら守りきるしかないと思っていました。いつもは踏み負けてしまう所を外からで番手を取りきれたのはよかったです。 でも位置取りに脚を使い過ぎて、加瀬さんがバックで踏み直すのは分かっていたけど、付いていく脚が残っていませんでした。 あの展開で6着に沈んでしまったのが悔しいです」

7着の森 美紀
「なんとかSだけはと思ってスタートしました。せっかく前を取れたのに、位置を守り切れなかったのではSを取った意味がないですね。追走だけでも加瀬さんに付いていくのは大変なのに、併走しながらではさすがに厳しかったです」