Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリン第7戦 in京王閣 最終日:8月21日リポート

2012/08/22

ガールズケイリンin京王閣 第7戦 優勝は門脇真由美選手!

ガールズケイリンin京王閣 第7戦決勝をご覧になりましたでしょうか?
ガールズケイリン決勝は大波乱で幕を閉じました。
本命視されていた中村由香里選手が、中山麗敏選手に抑えられ、動けず、5着に。そして、門脇選手が後方から一気に捲って快勝しました。
中村選手は9連勝、3連覇が懸かっていましたが、達成出来ませんでした。これも勝負。
次開催のガールズケイリンin平塚でも、誰が優勝してくるのか、混沌としてきそうですね。
益々、ガールズケイリンが面白くなってきました!

【レースダイジェスト】
◆第5レース(ガールズ一般) レース動画はこちら
周回は、先頭員以下、増茂るるこ、尾上明子、伊木雪乃、岡村育子、田中麻衣美、大和久保美。打鐘で、大和が最後方から、一気に踏み込み前に出て先行。だがその後ろに増茂が嵌ると、増茂が果敢に踏んで、大和と先行争いに。最終バックでは大和が増茂の後ろに入り、そのままゴールし、1着増茂、2着大和、3着岡村となった。

発走。5番車は欠車。                             スタート。
20120822-1.JPG    20120822-02.JPG

周回中。                              最後方から大和が上がり先行。
20120822-03.JPG    20120822-04.JPG

増茂と大和の先行争い。                                                      ゴール。

20120822-5.JPG    20120822-6.JPG
 

増茂の勝利者インタビュー。

20120822-7.JPG

 

◆9レース(ガールズケイリン決勝) レース動画はこちら
浦部郁里、中村由香里、渡辺ゆかり、中山麗敏、門脇真由美、藤原亜衣里、戸田みよ子で周回。残り2周前で、中山が上昇し、中村の横で並走をすると、戸田も中山に続き、打鐘。先行は浦部。戸田の後ろに門脇は切り替え、最終ホームでは、浦部の後ろで二列縦隊に。最終バックでは戸田が捲って出たが、その後ろの門脇の捲りがスピード良く、一気に捲って先頭に。後続を離して1着ゴールし優勝を決めた。2着は戸田、3着に最後方から追い込んだ渡辺が入線した。
 

発走。                                 周回中。
20120822-8.JPG  20120822-9.JPG

残り2周。                               打鐘。浦部が先行。
20120822-10.JPG  20120822-11.JPG

最終ホーム。浦部の後ろで並走は続く。         最終バック。捲って出る戸田と門脇。
20120822-12.JPG  20120822-13.JPG

ゴール。門脇が初優勝を飾った。               門脇の優勝インタビュー。

20120822-14.JPG  20120822-15.JPG

【ダッグアウトから】

◆5レース(ガールズ一般)
1着の増茂るるこ
「今日はすごい緊張しました。加瀬(加奈子)さんの気持ちがちょっとわかりました(笑)。自分から全部前を引いていこうと思ったんですけど、大和さんがすごい勢いで来たので、ちょっと焦りましたが、1着が取れてよかったです。次は9月5日の松戸なんですけど、加瀬さん、中山さんに対抗していけるように頑張りたいです」
2着の大和久保美
「同級生のるること初対決だったので、すごい楽しみで、どきどきして、あんまり眠れませんでした(笑)。自分の持ち味は地脚しかないので、最後まで踏みました。もう少し落ち着いていけるように、練習してきます」
3着の岡村育子
「スタートで失敗してしまいました。もう少し前にいれれば、面白かったんですけど、追いかけたけど、ちょっと前2人に届かなかったですね。3着には入れたけど、やっぱり1着、2着に入っていかないと悔しいですね。師匠にも判断が遅いって言われたので、そこを改善していかないと上にいけないので、頑張りたいと思います」
4着の田中麻衣美
「発走機についた時点から風が強くて、大変だなと思ってました。常に踏んでいた状態できつかったですね。後ろから動いたので、レース後は脚が痛かったです。次は初めての平塚なんで、着に絡めるように頑張りたいと思います」
5着の尾上明子
「せっかく連に絡めそうな展開だったのに、増茂さんに離れてしまいました。風も強かったし、苦しかったです」
6着の伊木雪乃
「悔しいというか、自分で自分に情けないです。びたっとついていければよかったんですけど、自分がついていけなかったので。1週間しかないけど、頑張ります」

 

◆9レース(ガールズ決勝)
1着の門脇真由美
「今だに何だかよくわかってないです(苦笑)。(仕掛けたのは)狙ってはないけど、たまたまというか、あそこで行かないと後がないんで行きました。まだ優勝した実感がないから、明日になったら嬉しくなると思います」
2着の戸田みよ子
「今までの成績をもったら2着はいい方だと思います、悔しいけど。練習しっかりして、また頑張ります」
3着の渡辺ゆかり
「コースがなかったです。これが競輪なんですね。麗敏もいっているし、中村さんも行けなくて踏んだりやめたりしているし。出し切ってというレースじゃないので残念です。最後、届かないかなと思ったんですけども、諦めないで踏んだ結果が3着だと思います。以前に比べて、レースや雰囲気にも慣れてきたし、時間の使い方もわかってきたので、また出直してきます」
4着の中山麗敏
「決勝は、前々に抑えようと思っていました。抑えることや出るタイミングなどもわかったので、次は優勝を目指して頑張ります」
5着の中村由香里
「麗敏よりも先に仕掛けておくか、もしくは引いて行けばよかったので。自分の判断が悪かったです。まだまだ未熟でした。反省点はわかっているので、次に活かすだけですね! …お客さんに迷惑をかけてしまって申し訳ないないです」
6着の藤原亜衣里
「だいたいあんな感じになるかなとは思っていたけど、そこから追い込めない自分が悪い。脚がないですね。もっと練習して、どこからでも行ける脚をつけたいと思います」
7着の浦部郁里
「誰もこない展開だったので、最終バックで門脇さんが出ていった時に飛びつけるって思ったんですけど、脚がもたなかったので、完全に力不足ですね。スタート以外でも前にいられるように頑張りたいと思います」