Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin平塚の2日目は激戦!(7月2日リポート)

2012/07/03

初日のガールズケイリンのレースも激戦でしたが、2日目のレースはそれ以上に激戦でした!

さて、レース前のアップ。検車場の外で、変な動きをシンクロしながらしている選手を発見!と思ったら、加瀬加奈子選手と大和久保美選手。競輪学校で教わる体操のようでした。

q1.JPG

入念にアップするガールズ選手達。
q2.JPG    q3.JPG

発走を待つ。
q4.JPG    q5.JPG

 

◆◆◆◆◆◆そして6レース(ガールズケイリン予選2)。ガールズケイリンは男子の競輪と違い、ポイント制で決勝に進出します。初日の予選を7位でも1着を取れば決勝に進出が出来るこの制度。当然、ヒートアップするはず。
その予想は概ね外れず、結果は手堅く決まっていますが、その内容は、激戦!
では6レースのダイジェストに行ってみましょう!

■■6R■■ 【レース動画はコチラ】

スタートはまず山口がダッシュよく飛び出し、S取り成功。周回は山口、小林、藤原、中山、戸田、高松、越田。残り3周で中山が藤原の前に入り、その1センターでは高松が上場開始。しかし、残り2周前で小林が車体を外に持ち出し後方を牽制すると、中山も外に持ち出し、前を伺う。残り1周半のバック過ぎで誘導が退避すると、小林が前に出たが踏まず。痺れを切らした中山が小林の後ろから出るタイミングを伺い、最終ホームで中山が先行に。中山の後ろに小林、その後ろに山口となった。山口は最終バックで捲って出るが捲れず。その外を更に藤原が追いこんできたが、後ろが縺れた事もあるが、中山が逃げ残って1着。2着は小林、3着には外を追いこんできた藤原が入線した。

発走台。                      周回中

q6.JPG    q7.JPG
残り2周。戦いはスタートしている。       残り1周。1番中山が踏み上げる。

q8.JPG    q9.JPG
ゴール。                       ガッツポーズの中山。

q10.JPG    q11.JPG

 

■■■7R■■■ 【レース動画はコチラ】

男前・加瀬加奈子が登場。スタートはダッシュよく飛び出し、浦部がS取り成功。先頭員以下、浦部、渡辺、荒牧、増茂、加瀬、森、大和。残り2周で加瀬が上昇開始。これに合わせて、荒牧も上昇し、残り1周半過ぎでは先頭にでた。その後ろに浦部がはまる。加瀬はその様子を見ながら、踏み込むと渡辺が加瀬の後位を狙う。森と並走となるが1コーナーで森と接触し、森は後退。最終1センター過ぎでは荒牧も加瀬の後ろを狙って渡辺の内で粘る。荒牧は直線で加瀬を抜きに掛かるが抜けず。加瀬が逃げ残って1着、2着に荒牧、3着は内に切り込んだ渡辺。

発走台。                      周回中。

q12.JPG    q13.JPG

残り2周。                     残り1周。5番加瀬が外からカマシ気味に踏み込む。
q14.JPG    q15.JPG

ゴール。

q16.JPG

ビデオを見てもらえれば分かりますが、本当に激戦。男子以上に大興奮の2レースでした。

★★★★★★★

そして決勝メンバーは
1番車・荒牧聖未、2番車・渡辺ゆかり、3番車・中山麗敏、4番車・小林莉子、5番車・増茂るるこ、6番車・藤原亜衣里、7番車・加瀬加奈子
いやー女子1期女王決定戦的な決勝メンバーとなりましたね。
加瀬VS中山になるのか、それとも波乱が起きるのか?これは本当に楽しみな決勝となりました。
是非、皆さまガールズ決勝戦を存分にそして絶対お楽しみください。
S級決勝も好メンバーですが、男子それもS級トップ以上の大迫力、そして爽やかな感動と笑いを楽しんでください。
スポーツとギャンブル競輪の融合が女子の力によって成り立った、そのような決勝戦になると思います。
出来れば、本当に平塚競輪場に脚をお運びいただき、歴史的な一シーンをその目で観ていただきたいと思います。

△△△番外編でもないけど。
レースを振り返りながらローラー台でクールダウン。

q17.JPG

勝利者インタビュー。面白すぎる二人です。左加瀬、右中山。

q18.JPG

お見送りに行く途中、スタジオに寄った…。

q19.JPG

お見送り。初日よりもファンが集まって声援も飛んだ!

q20.JPG

 

《《《《《ダッグアウトから》》》》

■■6レース

1着の中山麗敏
「今日はずっとシッティングしたままいけました。ちょっと怖かったですけどね(笑)。最初から行ったから4コーナーから踏む脚あるかなって、ちょっと緩めながら先行しました。なんとか逃げ切れてよかったです。平塚で優勝が目標なんで、そのために卒業してから3ヶ月間練習してきたので、全力でレースしたいです!」

q21.JPG

2着の小林莉子
「前を取られてしまったんで、すぐに頭を切り替えて、あとはリーミンさんの後ろからという感じですね。(3番と)かぶったので、もっと強引に行ってもよかったのかなとも思いますけど、けっこうごちゃごちゃになっちゃいましたね。ここで気持ちを切り替えて、明日こそ先行したいと思います」

q22.JPG

3着の藤原亜衣里
「ちょっと接触したんで危なかったですね。前に3車いたんで、外を踏まないと、3着までには届かないと思って行きました。あんまり伸びはよくなかったけど、昨日よりはいいと思います。昨日は緊張し過ぎていたので、今日はちょっと気が楽になりました」

q23.JPG

4着の山口奈津子
「途中ちょっとぶつかって怖かったです。昨日は自分から動けなかったので、今日はレース内容としてはよかったんですけど…」

5着の戸田みよ子
「勝ちたかったので、捨て身で最後は突っ込みました。危なかったけど、皆してケガなかったんでよかったです」

6着の高松美代子
「一度動いたけど、皆に突っ張られて、ずっと外に浮いたままだったので、脚を使っちゃいましたね。脚をつけていきたいと思います」

7着の越田恵美子
「本当に力がないということがわかったので、頑張らないと。でも、少しずつレースにはなってきているので、もっと頑張ります。今は下ですけど、経験をつんで上を目指します」

 

■■■7レース

1着の加瀬加奈子
「昨日と同じではおもしろくないので、昨日と違うことをしようと思っていました。それで勝ててよかったです。リーミンと対決したいですね。でも、そのリーミンが強くなっている中で勝ちたいですね!」

q24.JPG

2着の荒牧聖未
「1番にフタをされた形になったので、抜くのは明日に取っておきます。徐々に調子はあがってきていると思います」

q25.JPG

3着の渡辺ゆかり
「自分に合うギアがみつからないのと、新しい自転車をまだ乗りこなせてないですね。実戦の走路でつかむものは、練習とは違うので、そこでえたものを次に反映していくんだなって思いました。一歩一歩頑張ります」

q26.JPG

4着の浦部郁里
「Sを取れたのはよかったんですけど、最後に内が空いた時にチャンスをつかめなかったので、これからもっとレースをしながら広い視野がもてるようにしたいですね」

5着の増茂るるこ
「自分の思っていた展開と違ったんで、そこをすぐに頭を切り替えていかなきゃいけませんでした。そこができなかったので、自分の力不足というか。…すみませんでした」

6着の森美紀
「どこをハウスしたかわからないけど、ちゅちゅちゅって音がしました。びっくりしましたー。でも、ケガがなくてよかったです」

7着の大和久保美
「ちょっとギアをかけたんで、上手くいい位置を取れたかなと思ったけど、そこからがまだまだですね」

 

★★★★★最終日の作戦コメント

■■■5レース

1番車・高松美代子
「スタートを取りにいきたいけど、上手い人がいますからね。まずはいい位置を取っていきたいです。学校時代はつきっぱなしの高松でしたが、それを脱皮しました!」
2番車・森美紀
「やっと内枠がきました! どういうレースになるかわからないけど、まずは楽しみます!」
3番車・浦部郁里
「明日もスタートをとりにいって、前々勝負したいです」
4番車・大和久保美
「今日乗ったギアがよかったので、明日もこれで走ります。最終日なので思い切っていきたいです」
5番車・山口奈津子
「今日みたいに見せ場をつくれるように頑張ります!」
6番車・越田恵美子
「ちょっとでもチャンスがあったら頑張りたいと思います」
7番車・戸田みよ子
「自力で頑張ります」

 

■■■9レースガールズ決勝

1番車・荒牧聖未
「最終日になって1番車がきてよかったです。3着、2着ときているので、明日は1着で締めたいです」
2番車・渡辺ゆかり
「決勝なんで、優勝を狙っていきたいです」
3番車・中山麗敏
「先行も強いし、捲りも強いしなんで、どんなレースになるかわからないですけど、練習してきた自分を信じて頑張ります」
4番車・小林莉子
「動ける人ばっかりなんですけど、卒記のリベンジがしたいですね!」
5番車・増茂るるこ
「強い人ばっかりの中に入れてもらったので、その中で1着を目指したいと思います」
6番車・藤原亜衣里
「先行したい人ばっかりなんで、その隙をついて捲りだったり、差したいと思います」
7番車・加瀬加奈子
「動くひとばっかりなんでレースは大変ですけど、こういうメンバーの方がおもしろいですね」