Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンデビュー戦第3弾in松戸 前検日:7月12日リポート

2012/07/12

第3戦を迎えるガールズケイリンが、明日7月13日から松戸競輪場で開催されます。
333バンクでの戦いは初となり、すでにデビュー戦を終えた選手も、意気込み新たに気合い十分のようです。

z1.jpg
12時より管理受付スタート。
レーサーシューズやヘルメットのチェックを済ませ、車体検査へ。

z2.jpg
検車場の隅で、それぞれのデビュー戦や開催中の過ごし方など情報交換をする姿も見られた(左から関口美穂選手、伊木雪乃選手、荒牧聖未選手)。

z3.jpg
今回がデビューとなる選手は、ユニフォーム(ボレロ)のストラップを最終確認する。

z4.jpg
あいにくの雨と強風で、バンク内指定練習は中止になった。

z5.jpg
指定練習はローラー練習に変更。一同にズラリと並んで圧巻である。

■■■第6レース(ガールズ予選1)出場選手コメント■■■

★1番車:篠崎新純

6_shinozaki.jpg

「(デビュー戦は)力を出し切るだけだなと思っています。(ガールズ2戦は)見ていたんですけど、学校時代と違うなと思いましたね。ここまでの練習の感じは良い方だと思います。地元地区というのは気にしないで、自分の走りをすれば良いだけかなと思います。先行主体でいきたいとは思っているんですけど、師匠にも力を出し切れないといけないし、結果を残すこともプロだと言われてきました。今までは先行主体でやっていたんですけど、1着を取るために、動いてはいけないときに動いてはいけないし、今回は先行にはこだわりはないですよ。ベストパフォーマンスを尽くすだけですね!」

★2番車:大和久保美

7_yamato.jpg
「平塚のデビュー戦は777だったんですよね…。だから今回はそうもいかないです。万全で臨んだんですけど、もっと練習をしなきゃなと思いました。一番下からのスタートになっちゃたんですけど、あとは上がるだけ。ポジティブに、一生懸命に頑張りたいと思います。卒業記念レースもここ(松戸)でしたね。前々にいきたいと思います。自信は…あります(笑)!」

★3番車:荒牧聖未

8_aramaki.jpg

「平塚のデビュー戦はちょっと焦った競走をしてしまいましたね(32④)。緊張はそこまでしなかったんですけど、勝とうと思って焦ってしまいました。焦らないように、勝てるような練習をしてきました。前回よりも調子は良いと思いますね。けっこう逃げ切れたりもしているので、松戸も良いと思います。完全優勝を目指して、自分で動いて頑張ります」

★4番車:田中麻衣美(写真9)
9_tanaka.jpg

「京王閣のデビュー戦はすごい緊張して、思うようにいかなかったですね(667)。師匠にも思い切りいってこいろと言われていたので、後ろにいるよりは何か仕掛けていかなきゃいけないというのがあって。でも仕掛けが遅くて着には絡めなかったですね。スタートが取れないので、後ろからになってしまうと思うんですけど、今回は前を見て落ち着いて走っていきたいと思います。京王閣は緊張していたので、気持ちだけ先走ってしまった部分があったので、集中して動きを見つつ、先行する選手もいるので、流れをみていきたいと思います。333だし、前々有利と聞いているので、今度こそ前にいけたらいいなと思っています。今回は着に絡めるように頑張ります」

★5番車:藍野美穂
10_aino.jpg

「(デビュー戦を前にして)心境は思ったよりもまだ緊張していないし、不安もないですね。ホームバンクだというのもあるし、みんなより遅れてデビューなので、レースを観察できたので、比較的気持ちは冷静で、実力以上の力を出せたらなと思います。みんな男勝りのレースでしたけど(笑)、負けないぞという気持ちを見せたいですね。みんな速いから難しいですけど、自力というよりも追い込みなので、うまく良い位置を取ってからいきたいです」

11_sekiguchi.jpg

★6番車:関口美穂
「デビュー戦(京王閣)は自分で考えた流れに、自分でもっていけたので、今までにないレースが出来て良かったなというのはあります。自信は全くなかったんですけどね(笑)。今までは、付いていって、捲りきれなかったり、後ろで終わったりが多かったんですけど、自分から動いていかないと見ている側も面白くないかなと思ったので、いってしまえ!と、そんな感じでした(笑)。自分でもビックリしてます。すごい良い感じでプレッシャーをかけられています(笑)。京王閣のあとは疲れを抜いて、特別何かをするよりもいつも通りが私のスタイルなので。333はレース展開があって、前の方にいないと間に合わないし、なぜか今回はスプリンターが揃っているんですよね。私はスプリンターではないので、スタートで後ろだったら早めに前に出ていくか、自分で動いていかないと。勝っても負けても見ている人が納得いくようなレースをしたいと思います」

★7番車:中川諒子

12_nakagawa.jpg
「デビュー戦(京王閣)なので緊張したんですけど、集中して自分のそのときの力は出せたかなと思います。最後は力で負けたかな(11②)。課題は見つかったけど、中3日なので、克服というか、課題に対してやる時間はなかったんですけど、疲れは残さずに来られたと思います。333は前にいた方が有利ですね。先行だけにはこだわっていないんですけど、自分から動けていきたいなとは思っています。2戦目なので、前回よりはもう少し落ち着いてレースは出来ると思うので、一走一走頑張りたいと思います」

 ■■■第7レース(ガールズ予選2)出場選手コメント■■■

★1番車:山口菜津子

13_yamaguchi.jpg
「ガールズケイリン開幕戦がデビュー戦だったので、すごい緊張をしました。レースでは、勝手に体が動いていった感じでしたね。レース後は、地元の高知に戻って普通に練習をしてきました。前回よりも緊張はしていないですね。前回は結果も悪かった(546)ので、今回は決勝に乗れるように頑張りたいと思います。333バンクなので展開を見ながら、前々に頑張りたいですね」

★2番車:加瀬加奈子

14_kase.jpg

「(平塚決勝は)先行して逃げ切れなかったんですけど、悔いはなかったです。(大観衆に)ビビッて勝ちにこだわり過ぎた小さいレースをしてくるなと師匠に言われてきたので、しっかりあの舞台で先行出来て着にも残れたので、自分のレースは出来たと思います。まだタイムトライアルの走りをしてしまっているので、後半あげていく走りをしないと競輪では勝てない。ガムシャラの中でも後半あげていけるような走りを練習してきました。力みすぎると前半出し切って、後半下がってきてしまうので、リラックスして走りたいと思います。333は前々有利なので、先行していきたいです。メンバーは関係なく、前々で先行して逃げ切るだけです。完全優勝目指して頑張ります!」


★3番車:増茂るるこ

15_masumo.jpg
「デビュー戦(平塚)はとりあえず決勝までいけたんですけど、課題が残るレースだったので、もっともっと頑張りたいと思います。レース自体がまだ下手くそなので、自分で展開を作っていけたらなと思います。(松戸の)追加は一昨日、決まりました。でもウエイトで追い込んでいたし、マッサージもしてきて態勢は万全です。333はあんまり練習することがないし、学校以来なんですけど、直線が短いので早めに仕掛けていければと思います。スタートから前を狙って、あとは展開を読んで臨機応変にいきたいと思います。メンバーが強いので、負けない気持ちで頑張ります」

★4番車:浦部郁里

16_urabe.jpg
「平塚のデビュー戦は緊張もしたし、天気も悪くて残念でした。今回は地元だし、完全にここがホームバンクなんですよ。平塚が終わってからもずっと追い込んで調子を整えてきました。師匠もいますので、良い姿を見せられるように頑張ります。応援にも来てくれると思うので、声援は嬉しいし、楽しみにしていきます。今回はぜひ決勝に乗って、お客様に貢献したいなと思います。前々から攻めてという自分のスタイルは変えたくないので、まずはスタートを取りにいきます。あとは流れを見つつ、前々に攻めていく気持ちでやりたいと思います」

★5番車:岡村育子

17_okamura.jpg

「デビュー戦がいよいよ来たと実感してますし、他のみんなはほとんど1走しているので、そういう意味では一人だけ緊張している感じがあるので(笑)、そこでバタバタしないように、状況をしっかりみたいなと思います。初めてで勝手が分からないし、緊張して舞い上がってしまう部分もあると思いますけど、落ち着いてレースには臨みたいと思います。スタートが速い人が多いので、まずはスタートで真ん中目にはいきたいし、展開次第では333なので早めに自分から仕掛けていかないとと思っています。状況は早め早めで判断していきたいと思います。一年間、学校を頑張ってきて卒業して、やっとデビューを迎えられたんですけど、ここからが始まりだし、自分の中では一番記念になるレースなので、3走ともしっかり頑張りたいですね」

★6番車:渡辺ゆかり

18_watanabe.jpg
「デビュー戦(平塚)は何も言えないくらいですね…(53⑥)。準備不足でした。今回に向けて、フレームも変えて、ギアを変えて、ダメだったところは全部変えていきました。ギアは数字的には下げましたけど、組み合わせ的には今までやったことのない組み合わせです。今回は333だし、人の動きに合わせてではなく、積極的にいけるところからいきたいと思います。333は好きですね。もうこれ以上、悪くなることはないと思いたいし、積極的に自力で勝負したいです。ここが仕切り直しですね」

★7番車:伊木雪乃

19_iki.jpg
「デビュー戦の京王閣は、初日すごい緊張しましたね。2日目はだいぶ慣れて来たし、3日目も上位に入りたいという感じで挑みました。ただ結果的には、まだ私は脚が無いので、堅実的な結果(456)だったかなと思っています。中3日だったので、疲れを抜くように調整という感じでやってきました。この前の京王閣よりメンバーが濃いかなとパッと見て思ったんですけど、チャンスがあれば着に絡みたいと思っています。動けるような脚がまだないので、まずは前に付いていって、チャンスがあれば捲っていきたいと思います」