Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンデビュー戦 第3弾in松戸 優勝は加瀬加奈子! 7月15日リポート

2012/07/16

加瀬加奈子の完全優勝で幕を下ろしたガールズケイリンデビュー戦 第3弾in松戸。
持前の“男前先行”は、他を寄せ付けない強さでした。
「先行逃げ切りにロマンを感じています」という優勝インタビューが印象的でしたね。
5レースの関口美穂も、初の白星に涙を流していました。
次回のガールズケイリンデビュー戦 第4弾も、松戸競輪場で7月24日からナイター開催です。
京王閣で圧倒的な力を見せつけた中村由香里、平塚で優勝した小林莉子が出場予定です。
今度はどんなドラマが待っているのか、楽しみですね!

優勝ボードを高々と掲げる加瀬。

w1.jpg

嬉しい1着にガッツポーズの関口。

w2.jpg
                                                                    中川と抱擁すると、今度は後ろで見ていた増茂と抱擁する加瀬。

w3.jpg  w4.jpg
                                                                  では、最終日のリポートです。

ホイールに交換する様子も、すっかり検車場に馴染んできた。

w5.jpg
                                                             指定練習後にヘルメットカバーを被り、周囲を笑わせるムードメーカー増茂。

w7.jpg

1レース終了後、バンク内で決勝の特別紹介が行われた。

w8.jpg
 

■■5レース(ガールズ一般)■■ レース動画はコチラ

 誘導以下、山口菜津子、藍野美穂、岡村育子、関口美穂、伊木雪乃、大和久保美、田中麻衣美の並びで周回を重ねる。赤板で大和が上昇すると、それを関口、田中の並びで追走する。しかし、打鐘で前受けの山口が関口のインで粘る様な形になり、関口は最終ホームから自力発進。すると、関口の後位に同県の岡村がスイッチして両者で逃げる大和を捲り切る。結局、そのまま関口が押し切って1着。2着は最終バック過ぎに岡村の後ろに切り替えて差し脚伸ばした山口。3着は岡村という結果となった。

スタート                                       赤板

w9.jpg  w10.jpg
最終ホーム過ぎ。⑤関口、⑥大和の主導権争い。             ゴール

w11.jpg  w12.jpg
 

■■9レース(ガールズ決勝)■■ レース動画はコチラ

 誘導以下、渡辺ゆかり、篠崎新純、荒牧聖未、中川諒子、増茂るるこ、浦部郁里、加瀬加奈子の並びで周回を重ねる。赤板で渡辺を抑えた増茂に浦部と加瀬が続くが、打鐘で渡辺が突っ張る。しかし、これを見た加瀬が打鐘過ぎ3コーナーからスパートし最終ホームで主導権を奪取。この加瀬の仕掛けに中川がしっかり反応し、加瀬─中川で完全に出切ると、直線は両者のマッチレースに。最後は中川の猛追を振り切った加瀬が完全優勝を決めた。2着に中川で新潟ワンツー。3着は最終バック6番手からの直線強襲を見せた荒牧が入線した。

スタート                                   赤板

w13.jpg w14.jpg
                                                                  最終1コーナー                               ゴール

w15.jpg w16.jpg
                                                            ウイニングラン。清々しい表情だ。

w17.jpg

■■ダックアウトから■■

◆5レース(ガールズ一般)

☆1着の関口美穂

w18.jpg
「この2日間は変に構えてしまっていたところがあって、333バンクでは構えたらダメだというのが分かったので、今日はとにかく前々に攻めていこうと思ってました。今シリーズは昨日までがちょっとヒドすぎたんで…。それに、競輪学校時代はケガとかもあって、1着を取れなかったし、今日がちゃんとしたレースで取った初めての1着なので、本当に嬉しいです。今まで心配ばかりかけてきた両親にもやっといい報告が出来ます」

☆2着の山口菜津子                                                          「初めて連に絡めたのは良かったんですけど、やっぱり1着目指して走っているので、まだまだ課題は沢山ありますね。ただ、その中でも上は位置取りとか落ち着いて走れたし、次につながるレースが出来たかなと。あとは、次の開催で決勝目指して頑張るだけです」

☆3着の岡村育子
「もったいないかったですね。(関口と)埼玉ワンツーできましたよね。ちょっと自分に力が足りなかったです。昨日も言ったとおり、スタートを取りにいったんですけど、失敗しちゃいましたね。まあ、次のレースまであと1ヶ月あるので、スタート練習をしっかりやってきますよ(笑)」

☆4着の大和久保美
「今日も見せ場を作ることが出来なくて、ちょっと弱いっすね(苦笑)。でも、前回のデビュー戦(平塚)がオール7着だったことを考えると今回(5着6着4着)はほんのちょっと前進できたかな。なので、次の開催では3着以内を取れる様に頑張りたいと思います」

☆5着の藍野美穂
「とりあえず、デビュー戦を無事に終えられてホッとしました。ただ、成績的にはよくなかったので、次の開催から挽回していける様に頑張っていきたいと思います」

☆6着の田中麻衣美
「外枠ということもあったけど、今日もスタートで失敗して後方から組み立てることになってしまって。どうしても、7番手では苦しいですよね。ただ、今開催は初日に3着に入ることができて、ある程度の手応えもあったり、やっぱりガールズケイリンは前々に攻めないとダメっていうことがデビュー戦を含めた2開催で分かったので、あとは脚をしっかりとつけてきたいと思います」

☆7着の伊木雪乃
「今回は6着、6着、7着という成績だったので、やっぱり悔しさはありますよね。まだまだ力不足なんだなというのを感じたというか。これからまたしっかり練習して、期待に応えられる様に頑張ります」

 


◆9レース(ガールズ決勝)

w19.jpg
☆1着の加瀬加奈子
「昨日のレースで篠崎にマークされたので、今日も同じ様なレースだと差されるかなというのがあったので、1番後ろから自分のペースで駆けようと思ってました。ガールズケイリンを引っ張っていく身として捲りや追い込みのレースだけはしたくなかったので。その中で、3日間とも自分の力を出し切って完全優勝を飾れたというのが本当に嬉しいですね。でも、この優勝に満足することなく、これからの練習でもきっちり自分を追い込んで、もっともっといい成績を残せる様に頑張ります」

☆2着の中川諒子
w20.jpg

「前取りを狙ったんですけど、色々と入られてしまったので、その後は様子を見ながらのレースになりましたね。加瀬さんが駆けた時に自分がちょっと踏み遅れてしまって、追いつくのに脚を使ったのが、最後まで響いてしまいましたね。加瀬さんもかなり掛かってましたし。連続準優勝で、なかなか優勝が遠いんですけど、それは力の差だと思っているので、次のレースまでにその差を埋める様な練習をしてきたいと思います」

☆3着の荒牧聖未
w21.jpg

「最後はいい勢いで突っ込めたかなと思うんですけど、位置が悪かったですね。もっと前の方から仕掛けられれば前の2人といい勝負が出来たかなと思うんですけどね。もっとスタートの練習をしてこないとダメっすね(笑)」

☆4着の増茂るるこ
「スタートで後方になってしまったし、自分の後ろには加瀬さんもいたので、これは先に仕掛けないといけないと思って仕掛けたんですけど、合わせられて出切ることができなかったので、そこは力不足というか、脚力不足を痛感しました。この次は京王閣でのレースで、私の地元は立川なんですけど、京王閣は同じ東京なので、地元戦と同じくらいの気持ちで走りたいと思います」

☆5着の渡辺ゆかり
「もうちょっと自分に力があれば今日の組み立てでも良かったかなと思うんですけど、まだまだ力が足りないですね。加瀬さんに1番後ろから捲られてしまってますからね。次の開催では今日みたいなことにならない様に、1ヶ月の間にしっかり準備してきたいと思います」

☆6着の篠崎新純
「今日は何にも出来なかったので、悔しさしか残らないですね。昨日は2着だったんですけど、決勝がこれでは最終的に師匠(山賀雅仁)にいい報告が出来そうもないですね…。でも、この悔しさをバネにまたイチからしっかり練習してきたいと思います」

☆7着の浦部郁里
「外枠で、スタートの位置取りも悪くて、ちょっと苦しい展開になってしまいましたね。それでも、少しは外から自分で動いていくことが出来たので、それは良かったかなと。ただ、今日のレースで自分にはまだまだ足りないものがいっぱいあるんだなということが分かったので、まずは基礎体力を上げる様なトレーニングをしてきたいと思います。それで、次の開催ではギリギリでの決勝進出ではなく、スッキリとした形で決勝に進んで、その決勝でも今回よりいい成績を残したいですね」