Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンデビュー戦 第3弾 in松戸 初日:7月13日リポート

2012/07/14

ガールズケイリンin松戸初日は、地元・篠崎新純と浦部郁里への声援が鳴り響くなか、中川諒子、加瀬加奈子の両者が実力を見せつけてくれました!                    

では、7月13日のリポートをご覧ください。

レース後、1着でゴールを駆け抜けた2人でガッツポーズ! m1.jpgm1.jpg       

m1.jpg

猛烈な暑さの中、12時50分より指定練習開始。

m2.jpg  m3.jpg

m4.jpg  m5.jpg

指定練習終了後、レース用のホイールに交換する。

m6.jpg
 

場内で特別紹介が行われ、それぞれが意気込みを述べた。

m7.jpg m8.jpg
      

3R終了頃からウォーミングアップを始めた。

m9.jpg


■■6レース(ガールズ予選1) 【レース動画はコチラ】

 誘導以下、中川諒子、田中麻衣美、篠崎新純、大和久保美、藍野美穂、関口美穂、荒牧聖未の並びで周回を重ねる。赤板で大和が上昇を開始すると、関口と荒牧がそれに続く。打鐘で大和の番手に中川が入ると、荒牧がその外に追い上げる。内に中川、外に荒牧の並走は最終2コーナーまで続くが、そこから中川が捲りに打って出ると、荒牧はその番手にスイッチして懸命に追走するが、中川が後続を引き離したまま1着でゴール。荒牧は3車身離れての2着。3着は最終バックで車を外に持ち出して追い込んだ田中が入線。

最終ホーム                       最終1コーナー。果敢に先行する大和。

m10.jpg m11.jpg

ゴール

m12.jpg

■■7レース(ガールズ予選2) 【レース動画はコチラ】

 誘導以下、渡辺ゆかり、浦部郁里、山口菜津子、加瀬加奈子、増茂るるこ、伊木雪乃、岡村育子の並びで周回を重ねる。赤板で加瀬が上昇すると増茂と岡村がそれに続き、加瀬がそのまま主導権を奪取。しかし、打鐘で前受けの渡辺も踏み込み、加瀬後位で内に渡辺、外に増茂で並走となる。結局、番手を渡辺が取り切る。しかし、最後まで加瀬のスピードは衰えず堂々の押し切り勝ち。渡辺は1/2車身差届かずの2着。3着は渡辺の後ろで脚を溜めていた浦部。

最終ホーム                                                                       最終1コーナー

m13.jpg  m14.jpg
 

ゴール

m15.jpg


■ダックアウトから■

◆6レース(ガールズ予選1)

☆1着の中川諒子

m16.jpg
「走る前はデビュー戦と同じくらい緊張しました。そのデビュー戦が終わった後に、自分が思っていた以上に疲れが残っていたので、それをしっかりケアしてきたのが良かったんじゃないかなと思います。レースでは自分のヨコにずっと荒牧さんがいたのが気になってはいたんですけど、踏み出した時は重くは感じなかったですね」

☆2着の荒牧聖未

m17.jpg
「結果は2着だったんですけど、内容的に満足のいくものではなかったので、ちょっと不満が残るレースになってしまいましたね。ホームで出切ってしまえばよかったのかも。その辺の組み立ての甘さが課題としてあるのかなという感じですかね」

☆3着の田中麻衣美

m18.jpg

「初めて連に絡めたのは良かったかなと思いますけど。とりあえず、明日も自分の力を出し切れる様に精一杯頑張りたいと思います」

☆4着の篠崎新純
「1着獲りたかったんですけど、(前に)出るに出れなくて。デビュー戦ということで、いい緊張感の中で走ることは出来たんですけど、内に包まれてしまって。これじゃぁ、(師匠の)山賀(雅仁)さんに怒られちゃいますね(笑)」

☆5着の大和久保美
「先行して見せ場を作ることが出来たのは良かったんですけど、終わってみれば5着ですからね。まだまだ力不足だなという感じはしました」

☆6着の関口美穂
「ちょっと組み立てに失敗してしまいましたね。明日は今日の反省を生かして頑張りたいと思います」

☆7着の藍野美穂
「何も動けず7着ですからね。ムダに脚を使ってしまった部分はありましたね。デビュー戦ということで緊張してしまったのもありますけど。でも、今日のレースで競輪学校の競走訓練と違う本番の雰囲気というのも体感することが出来ましたし、明日こそ結果を残せる様に頑張りたいです」

 

◆7レース(ガールズ予選2)

☆1着の加瀬加奈子

m19.jpg
「脚はだいぶ軽かったですね。今日の感じからいえば、だいぶいい調整が出来たっていうことなんだと思います。渡辺(ゆかり)さんが前を取ったので、これは飛びつき狙いなんだろうなと思ったんですけど、それならそれで、『差せるもんなら差してみろ』って感じで踏んでいきました(笑)」

☆2着の渡辺ゆかり

m20.jpg
「前を取って飛びつくつもりだったんですけど、1車分だけ迎え入れてしまったので、それがそのまま着差になって出てしまったかなと。その辺はもっと集中してレースに臨んでいかないといけないなというのを感じたレースでした」

☆3着の浦部郁里

m21.jpg
「今日は地元戦ということで声援がすごく多くて嬉しかったですね。ゴールした後の声援が(1着の)加瀬さんじゃなくて、自分に対してのものだっていうのが分かった時は本当に嬉しくて。今日は3着でしたけど、明日は今日貰った声援に応えるためにももっといい着を獲りたいと思います」

☆4着同着の山口菜津子
「同着で4着でしたね。結果はまあまあだったんですけど、自分の力を出し切った感が全くない4着なので、あんまり納得はしていないかな(苦笑)」

☆4着同着の増茂るるこ
「4着同着ということで、ガールズケイリン始まって以来の同着。ある意味、歴史に名前を残せましたかね。これが、1着同着とかだったら最高だったんですけどね(笑)。明日は今日よりいい着を取れる様に頑張りますので、応援して下さい」

☆6着の伊木雪乃
「終始後方に置かれてしまって苦しいレース展開になってしまいましたね。それと、ギアがちょっと合ってなかったのかもしれないなと。前との車間を詰めようとしても全然思う様にいかなくて。なので、明日はギアを下げて試してみようかなと思っているんですけどね」

☆7着の岡村育子
「自分にとっては今日がデビュー戦だったんですけど、結果(7着)が全てを物語ってしまってますよね…。やっぱり、悔しいですよね。ただ、結果は悪かったかもしれないですけど、とりあえず無事に走り終えたことにはホッとしてます。今日1走したことで、緊張はだいぶほぐれたと思うので、明日から気持ちを入れ替えていきます」


m22.jpg
最終レース終了後のお見送り。地元の浦部郁里が代表で挨拶をした。

 


■2日目(7月14日)のレース:ガールズ予選2へのコメント

◆6レース(ガールズ予選2)
☆1番車・中川諒子
「今日は1着が取れたので、調子はいいと思います。明日もしっかり流れを見極めていい成績を残せる様に頑張りたいですね」

☆2番車・関口美穂
「予選1で6着と大きい着を取ってしまったので、決勝に乗る為には1着か2着しかない状況になったので、まずは力を出し切れる様に頑張りたいと思います」

☆3番車・田中麻衣美
「初日3着と、まずまずのスタートを切ることが出来たんですけど、これに油断することなく、しっかりと気持ちを引き締めて決勝目指して頑張ります」

☆4番車・藍野美穂
「初日は力を出し切れず7着に終わってしまったので、明日は展開をしっかり見極めて車券を買ってくれてるファンの方の期待に応えるレースをしたいですね」

☆5番車・増茂るるこ
「初日のメンバーで私と篠崎さんが入れ替わっただけなんですよね。なので、今日(初日)の6レースをもう1回ビデオで見て、それを参考にどう組み立てていったらいいかを一晩じっくり考えたいと思います」

☆6番車・荒牧聖未
「初日は不満の残るレースとなってしまったので、明日はそうならない様に頑張って、何とか1着を取れる様に頑張りたいと思います」

☆7番車・大和久保美
「メンバー的には初日とほとんど変わらないんですけど、初日よりいい成績を残せる様に一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします」


◆7レース(ガールズ予選2)
☆1番車・浦部郁里
「ほぼ初日とメンバーが一緒なんですけど、1番車といういい車番をもらうことが出来たので、そのアドバンテージを生かして前々に攻めていきたいですね。スタートは得意ですから」

☆2番車・伊木雪乃
「初日の結果(6着)からだと、決勝に乗る為には1着か2着しかないと思うので、2番車という内枠を貰えたことを生かしていきたいですね。デビュー戦では決勝に乗ることが出来なかったので、何とか決勝に乗りたいんですよ」

☆3番車・渡辺ゆかり
「スタートにしっかり集中して、とにかく前々に攻めていければ。その中で、今の自分が先行した時にどうなるのか、何が勝負できて、何が足りないのかを知るためにも積極的な走りをしたいなという気持ちもありますね」

☆4番車・岡村育子
「今日走ったメンバーとほぼ同じですか。しかも、みんなスタートがいい選手ばっかりなので、まず、そこ(スタート)に全神経を注いでいい位置を取りたいですね。そこからは臨機応変に攻めていきたいと思います」

☆5番車・加瀬加奈子
「初日はしっかりと1着を獲ってファンの方の車券に貢献することが出来たので、明日もそれが出来る様に。ただ、自分はあまり入れ込みすぎると平塚の時みたいに失敗してしまうこともあるので、いい意味で力を抜いてというか、リラックスしてレースに臨みたいと思います」

☆6番車・篠崎新純
「明日は山賀さんに怒られない様なレースをしないといけないですね(笑)。地元戦で決勝に乗れる様に頑張ります」

☆7番車・山口菜津子
「今日とほとんど一緒のメンバーなんですね(笑)。みんなスタートがいいので、まずはそこの戦いで負けない様にしっかり集中していきたいですね。その後は展開を見ながら後手を踏まない様に仕掛けていきたいと思います」