VOL.1 ガールズケイリン 石井寛子(東京・104期)
2018/03/05

皆さんグランプリの応援ありがとうございました。
お陰さまで優勝できました。

前回のコラムで、今までの中で一番いいコンディションと書きましたし、
調子もよかったのですが、走ってみないとわからないのが競走です。

スタートしてから前のほうを取れてレース中は冷静だったと思います。
真備か碧衣ちゃんか奥井さんが来るかと思っていて、
誰が来てもしっかり飛びつこうと思ってました。

実は、大勢の方々に今まで見たことない展開だったと言われましたが、
私の中では内に秘めた作戦でした。

どうしても獲りたいタイトルでしたし、
何度も何度もイメージトレーニングして臨みました。
ゴール線もしっかりハンドル投げが出来ました。
結果、一生に一度手が届くかどうかのタイトルを獲れて物凄く嬉しかったです。

トレーナーにも体幹がブレていなかったと言われました。
いい競走ができて、さらに気合いが入りました。

今年は元旦の0時に妹と深大寺にお参りし、
健康第一競輪に集中できる一年を祈願しました!

 

ガールズ石井さん(サブ画像).JPG

【妹の貴子と深大寺でカウントダウン】

 
同じカテゴリーの最新ニュース