Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

日本競輪学校第115回生徒・第116回生徒入学式の実施について

2018/05/13

日本競輪学校[校長 瀧澤 正光 (タキザワ マサミツ)]第115回生徒(70名)・第116回(女子第8回)生徒(20名)の入学式が、本日午前11時から 静岡県伊豆市にある同校講堂で行われました。
第115回生は、2016年 UCI世界選手権大会ジュニア・トラック チームスプリント7位の脇本 勇希(ワキモト ユウキ)、2016年アジア自転車競技選手権大会チームスプリント2位の小原 丈一郎(オバラ ジョウイチロウ)、2016年全日本選手権自転車競技大会1kmタイムトライアル1位の小原 佑太(オバラ ユウタ)らが、第116回(女子第8回生)は、2017年アジア自転車競技選手権大会チームパシュート2位の山口 伊吹(ヤマグチ イブキ)、2017年全国高等学校総合体育大会自転車競技ケイリン1位の藤田 まりあ(フジタ マリア)らの多彩な実積を持つ男女合わせて90名が決意を新たに入学しました。
列席者は、入学生徒とそれを見守る家族の合計125名。来賓として塩手 能景(シオテ ヨシカゲ)経済産業省製造産業局車両室長、小野 達也(オノ タツヤ)伊東市長、萩原 浩(ハギワラ ヒロシ)全国競輪施行者協議会専務理事、佐久間 重光(サクマ シゲミツ)日本競輪選手会理事長などのご出席をいただくとともに、本財団からは会長の笹部 俊雄(ササベ トシオ)が出席しました。
式典では、入学者全員の氏名が読み上げられ、瀧澤校長の式辞、会長訓辞、来賓祝辞に続き、新入生を代表して第115回生から勝谷 勝治(カツヤ カツハル・三重)、第116回(女子第8回)生から村田奈穂(ムラタ ナホ・熊本)が誓いの言葉を述べて閉式しました。


JKA笹部会長訓辞

生徒代表誓いの詞(勝谷生徒・村田生徒)

瀧澤校長式辞

入学式の様子


第115・116回生名簿一覧
第115・116回生学校行事その他予定

ニュース