Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

田中まい選手が鹿沼由理恵選手のパイロットとしてリオ・パラリンピック代表候補選手に選出!

2016/05/13

本日5月13日(金)、リオ・パラリンピック自転車競技日本代表候補選手が発表され、共同記者会見が行われました。

20160513_DSC_1746.JPG

男子は川本翔大選手(C2クラス)、藤田征樹選手(C3クラス)、石井雅史選手(C4クラス)の3名、そして女子は鹿沼由理恵選手(Bクラス)のパイロットとして、ガールズケイリンの田中まい選手が代表に選出されました!

これまでパラリンピックの自転車競技には、日本の女子選手は出場したことがなく、鹿沼・田中ペアが初となります。

 

鹿沼選手と田中選手が出場するのは、視覚障害の選手と健常の選手(パイロット)でタンデム自転車に乗り、レースを行うBクラスです。

二人は2013年からペアを組み、これまで2014年のロード世界選手権タイムトライアル優勝をはじめ、トラック世界選手権では昨年、今年と連続で3km個人追抜きで2位に入るなど、国際大会でいくつものメダルを獲得してきました。当然、リオ・パラリンピックでも大いに活躍が期待されています!

 

田中選手は競輪との両立にいろいろと悩み、一旦はパラサイクリングから離れた時期もありましたが、鹿沼選手からの「田中さんと一緒にパラリンピックに行きたい」という言葉に、心を決めたのだそうです。田中選手に絶大な信頼を寄せる鹿沼選手。その思いに応えたいと話す田中選手。紆余曲折ありながら、より一層絆を深めた鹿沼選手と田中選手のエピソードには胸が熱くなりました。

 

リオ・パラリンピックは9月7日開幕です。鹿沼選手と田中選手はもちろん、日本代表選手の応援をよろしくお願いいたします!

20160513_DSC_1765.JPG

★共同記者会見コメント

鹿沼由理恵選手(楽天ソシオビジネス株式会社)

20160513_DSC_1693.JPG

「パラリンピックはバンクーバー冬季パラリンピックのクロスカントリーに続きまして2回目となります。リオでも全力を尽くせるよう頑張っていきたいと思います。大会ではゴール後に倒れてもいいから、スタートから全力を出し切って走ることを目標としています。

田中選手とは競輪学校の関係者の方から紹介していただいて、出会いました。一緒に乗っていて本当に違和感のない、そして本気の走りをしてくれる彼女と、去年は一度離れてしまいましたけど、また一緒にやっていけるということに今はすごく感謝しています。リオまでの残りの4ヶ月、最高の成績を残せるよう悔いのないように練習していきたいと思います」

 

田中まい選手(日本競輪選手会・千葉支部)

20160513_DSC_1697.JPG

「リオ・パラリンピック女子タンデムパイロットに選んでいただき、とても光栄に思っております。大きな舞台に挑戦できることに感謝し、メダルを目指して全力を尽くして努めたいと思います。

競輪とパラサイクリングを両立するのはすごく難しくて、去年は競輪に集中したくて離れたこともあったんですけど、鹿沼選手からまた私とペアを組んでパラリンピックを目指したいと言っていただいて、そこからまた今まで頑張ってきました。今月から競輪は5ヶ月間お休みをいただき、トレーニングに集中できる環境があるので、合宿日程を増やして今までよりもパワーを上げていきたいです。鹿沼選手と力を合わせて、メダルを目指して頑張る姿を見ていただけると嬉しいです」