Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

【2015 UCIパラサイクリングトラック世界選手権】鹿沼由理恵・田中まいペア 3km個人追い抜き 銀メダル獲得!

2015/03/31

2015UCIパラサイクリングトラック世界選手権 2015年3月28日、大会3日目を迎えた障がい者自転車競技、『2015 UCI パラサイクリング トラック世界選手権(オランダ)』は女子視覚障がいクラス・タンデムの3km個人追い抜きが行われ、日本の鹿沼由理恵とパイロット田中まいのペアが銀メダルを獲得しました。

決勝戦は予選2位通過の日本と、予選1位ニュージランドペアの対決。日本は、スタートから快調に飛ばし、最初の1キロ、2キロのラップでは予選タイムを上回る快走を見せました。しかしラスト1キロではやや失速。結果、タイム3'34"244でニュージーランドペアの3'30"080には一歩及びませんでしたが、見事銀メダルを獲得。昨年大会の同種目で獲得した銅メダルを上回る結果で2年連続の表彰台となりました。現地29日は大会最終日。2人は最後の出場種目タンデムスプリントに臨みます。

【決勝後のコメント】
鹿沼由理恵
「決勝戦に上がれて、本当に楽しく気持ち良く走ることが出来て良かったとおもいますが、悔しさはあります。緊張は程よくあって、スタート前にコーチから、いつも通り自然にと言われたのもあって気持ちよく入れました。
(3km個人追い抜きでは)去年銅メダルで、今年銀メダルなので、残るはあと一つかなと思います」

田中まい
「決勝戦に進むことが出来て嬉しかったですが、2位ということで悔しさも残っています。緊張は予選の方があって、決勝ではリラックスして、思い切って入ろうと考えていました。
(昨年銅メダル、今年銀メダルと来ていることについては?)残るはあと一つ、というのは鹿沼さんと同じ気持ちです。
(最終日のタンデムスプリントに向けては?)チャレンジだと思うのでガールズケイリンにも繋げて行ける様、課題を持って勉強したいと思います」