Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンフェスティバル2017

  • 小林優香のビッグ・レース出場は何と一年二ヵ月ぶり。昨年七月に左肩を手術して長期離脱、復帰後も落車の憂き目に遭い再度欠場となるなど、試練の半年を強いられた。「不屈の女王」の大舞台カムバックにエールを送りたい。

  • あの選手もいる。この選手もいる。そして優香も帰ってきた。まさに役者はそろった。現況のガールズケイリン界に於けるベスト二十一名が集結。

  • 普通開催ではまず対戦することがないスター選手とスター選手。その対決を観ることができるのがビッグ・レースなのだが、そのなかにあってトーナメント方式はこの「ガールズ・フェスティバル」だけ。「超一流VS超一流」が予選道中から!

  • あなたが見たい対戦は誰と誰ですか?の答えは千差万別だろうが、小林優香VS児玉碧衣の同門(ともに藤田剣次・福岡85期を師匠とする練習仲間だ)対決を上位に挙げるファンは多かろう。奇しくも先に発表された「ガールズケイリン総選挙」でも一位が児玉で二位小林という「同門対決」だった。一番のライバルは、一番近くにいる!

  • 着外なしの超安定感が山原さくらの真骨頂だが、そこに勝率8割超えと更なる進化。「さくらの型」が完成しつつある。

  • 奥井迪への賛辞として使われるのが「ガールズ界の先行日本一」という常套句。ビッグを勝てない懊悩はあるだろう。戦法への迷いが頭にもたげることも――。それでも逃げる!魅せる! 稀有のアスリート・パフォーマー。

  • 「梶田時代到来」と謳われた一年前から較べると瞭かな変調を感ずる梶田舞だが、あの「鬼脚」は唯一無二。また、しばらく目立たない時期が続いた石井寛子も最近はハツラツとしている。誰もが認める彼女らの総合力に◎だって全然いい。

  • スピード満点の高木真備、ここ一番の舞台に強い石井貴子(千葉)や小林莉子、五月の京王閣でガル・コレ初制覇の長澤彩、カマシ捲りが冴える尾崎睦。そしてガールズケイリン誕生当初より牽引役として奮闘の加瀬加奈子の出場も大会に華を添える。

  • 過去三回のガールズケイリン・フェスティバルは、2014年、2015年が小林優香の連覇で、翌2016年の大会は小林不在のなか梶田舞が優勝している。互いに互いの「連勝記録」を阻止し合うライバル二人はここでも、奇縁の数字を残す。 ♪ドラマチックではないのだ/ドラマそのもの――。毛皮のマリーズが唄う『ノー・ミュージック・ノー・ライフ』が聴こえてきそうだ。

2017年7月15日(土)~17日(月)に開催される「ガールズケイリンフェスティバル2017」で優勝する選手を的中させて豪華賞品をゲットしよう!

1. JCBギフトカード1万円分 [抽選10名様]
2. ガールズケイリン オリジナルQuoカード(Kドリームス提供) [抽選20名]

2017年7月15日(土)~17日(月)に開催される「ガールズケイリンフェスティバル2017」で優勝する選手を予想し、下記リンク先の応募フォームから必要事項を入力のうえ、ご応募ください。

※お一人様1回限りの応募とさせていただきます。 おひとりで複数回ご応募いただいた場合は、最後にお申し込みいただいた内容のみが有効となります。

2017年7月17日(月)第9レース 投票締切まで

厳正な抽選のうえ、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

応募フォーム