Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンインターナショナル2019 in 伊東【キャンペーン&レース展望】

昨年6月、取手競輪場で実施された同大会は雨中決戦でした。
残り1周を過ぎたあたりで先頭に立った小林優香だがピッチは上がらず、
すかさずファンリーセン -モートン- デグレンデルが二角すぎに捲り、
結果はデクレンデルの優勝でモートンの2着。
抜け出すのに時間が掛かった小林優香でしたが、
意地でファンリーセンを抜いて3着入線を果たす。

世界の舞台では

  • ★2018年8月の「UECトラックヨーロッパ選手権ケイリン種目」で
    競技歴わずか3年のグロが優勝という初の快挙。
  • ★10月は「ワールドカップ第1戦フランス大会」でファンリーセンが地元優勝。
    その準決勝で僅差ファンリーセンに及ばず敗退したのが小林優香。
  • ★12月の「ワールドカップ第3戦ベルリン大会」はファンリーセンが「金」、
    小林の「銅」でともに表彰台。
  • ★明けて2019年1月は朗報が続く。「アジア選手権」で
    小林優香が金メダル、「ワールドカップ第6戦香港大会」では太田りゆが銀メダルを獲得。
  • ★そして3月の「世界選手権」では
    グロが決勝進出と大いなる成長を披露している。

この一年の「闘い」から察すれば----

①実績のファンリーセン。
②目を見張る成長のグロ。
③僅差の好勝負を演ずる小林優香。
④順調にステップ・アップの太田りゆ。と、なるのでしょうか。

まずは4人の「バトル」という曖昧な予想となりますが、
「負けたくない」=「勝ちたい気持ち」は小林が一番!!

  • ※チームパシュート競技で2018年はアジア選手権優勝、
    スクラッチ競技ではワールドカップ第6戦香港大会で
    第5位の好成績を挙げている鈴木奈央もナショナルチームの一員。
    長い距離を苦にしない「強地脚」が活かせる展開なら----。
  • ※昨年5月の別府開催でファンリーセンを破って
    優勝している石井貴子(千葉)には小さくないアドバンテージ!
  • ※栄えあるガールズ1期生・荒牧聖未(長らく一線級でがんばっている!)
    にも経験豊富な「捌き」あり。

「2020年東京オリンピック・パラリンピック」開催まであと1年と3ヵ月。
「本番」の出場権を争う日々は更に激しさを増すでしょう。
この「ガールズケイリンインターナショナル」をもって
軽々に前哨戦などと煽るのに賛否はあるでしょうが、
それでも、やっぱり、"ガンバレ!ニッポン"の観戦方法が
間違っていないでしょう!

ガールズケイリンインターナショナル2019で優勝する選手を予想して
「Chinelli×ガールズケイリンコラボサイクルキャップ」を手に入れよう

「Chinelli×ガールズケイリンコラボサイクルキャップ」[抽選30名様]

2019年4月28日(日)に開催されるガールズケイリンインターナショナル2019の
ガールズケイリンレースで優勝する選手を予想し、
下記リンク先の応募フォームから必要事項を入力のうえ、ご応募ください。

※お一人様1回限りの応募とさせていただきます。
おひとりで複数回ご応募いただいた場合は、最後にお申し込みいただい
た内容のみが有効となります。

2019年4月28日(日)12時00分まで

厳正な抽選のうえ、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

応募フォーム